無線従事者国家試験過去問ダウンロード

2019/2/13更新

資格によっては、一部のデータをディスククラッシュ等で逸失しているためデータの抜けがあるものもあります。御承知おきください。

_(:3」∠)_疲れた…

「無線従事者国家試験過去問ダウンロード」への5件のフィードバック

  1. はじめまして。

    過去問のアップをしていただき、いつもとても感謝しております。
    ありがとうございます。
    この数年間活用させていただき、おかげさまで一陸技をはじめいくつかの資格を取得することができました。
    私にとって最後の難関が一総通で、この数年チャレンジしているのですが、どうしても和文受信がクリアできず先日の試験もおそらくアウト。。。科目合格の期限も切れ、また学科を受ける必要になりました。

    そんな背景からすがる思いで過去問のサイトを再び訪れたのですが、いくつかアップされていない時期があるようでして、もしお手元にお持ちでしたらぜひアップしていただければありがたく連絡した次第です。

    サイトに見当たらないのは、一総通 2012、2015、2017年の分です。

    (勝手を申しますと私が入手したいのは、2015年9月、2017年3月の英語・英会話・法規・地理です)

    お忙しい中恐縮ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

    1. 勝呂様
      以前長文で返信コメントを書き込んだのですが、不手際で全部消えてしまい、意気消沈しており遅くなりました。

      一総通は、和文電信の額表形式がネックですよね。練習テープやCDなどでトレーニングしていても、じきに答えを覚えてしまうため全然練習にならなくなってしまうのが落とし穴かと思います。
      これに対しては、受信練習のときに自分が書きとっている文章を極力頭に入れないように意識しつつ、目の前に流れてくる文字にのみ集中して書き取るようにする必要があるかと思います。とはいえ、それでも何度も同じ電文で練習してしまうと、やっぱり自然と頭の中で次に流れてくる符号が分かるようになってしまい、トレーニング効果が無くなります。
      もっとも効果的なのは、誰かに目の前で未知の電文を打ってもらい、それを書き取る練習をする事でしょう。しかしこれもなかなか難しいと思いますので、次善の策として、文章を入れると自動的にモールス符号にして音を出してくれるフリーソフト的なものが有ったと思いますので、そういうものを活用するのも手かと思います。また、アマチュア無線の7MHzの下の方の和文電信をモニターして書き取る練習をする手もありますが、いつでもどこでも練習できる訳ではないですし、なかなか難しい点もあります。

      コメント分けます。

      1. 無線従事者国家試験の過去問も、以前は精力的に収集していたのですが、最近は適当になってしまい抜けも多くなっています…。
        手元で探したところ、残念ながら2012,2015年の分は私も抜けていますが、2017年の分はありますのでアップしておきます。
        どうぞよろしくお願いいたします。

        1. ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
          極力、文章を覚えたり理解しないような聞き取り練習をしていて、フリーソフトも活用しているのですが、本番になると極度の緊張で頭が回らなくなり、また、なぜか電文を理解してしまい内容に引きづられ書き損ねます。いずれにしてもトレーニング不足は否めないかと。。半年後にチャレンジです。

          過去問もお手間をおかけしますが、誠にありがとうございます。最大限活用させていただき、お礼の報告ができるよう頑張ります! 次、電験と電気工事士を頑張りたいものですから(笑)

          1. 早速ありがとうございます。

            本番を乗り切るコツは、完璧に取ろうとしない事じゃないでしょうか。私も和文受信のとき、いきなり数文字落としてしまった覚えがあります。そこでそのままパニックになって後が全然ダメになってしまって総崩れにならないよう、フリーソフトの電文をわざと速めにして、書き落としてしまうような速度にして、書き落としても3~4文字後からまた復帰できるように練習する、なんてのが有効じゃないかと思います。
            電文受信は減点法で採点だったと思いますが、書き落としは案外マイナス小さいんですよね。誤字は減点が大きかったはずなので、誤字るなら空欄にしてしまうよう、練習してみるのも一案かと思います。

            どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です