電験3種過去問解説 平成26年電力問7

線路の電圧降下の式、√3I(rcosθ+xsinθ)を知っているかどうかを問う問題です。

題意より、線路の抵抗は0.9Ω、リアクタンスは0.5Ωであることはすぐに求まります。また、cosθ =0.85からsinθを求めると、sinθ=√(1-0.85^2)≒0.53です。端子電圧6600Vに対して電圧降下率5%ということは、電圧値は6600×0.05=330Vです。

以上より、

  • √3I(0.9×0.85+0.5×0.53)≦330

を計算すると、I≦185が求まります。ここまで求まれば、「端子電圧6600V、線電流185A、力率85%の負荷の電力」を求めるだけですから、

  • √3×6600×185×0.85≒1798[kW]

となり、答えは(2)となります。

「電験3種過去問解説 平成26年電力問7」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です