電験3種過去問解説 平成28年電力問9

平成26年問7と基本的には同じ問題です。

まず、題意より送電線路の抵抗は0.91Ω、リアクタンスは1.775Ωです。力率cosθ=0.85で、sinθは√(1-0.85^2)≒0.53、電圧降下は200Vです。

以上より、

  • √3I(0.91×0.85+1.775×0.53)=200

を解くと、I≒67Aと求まります。したがって、

  • 「線間電圧22000V、線電流67A、力率0.85の負荷電力」

を求めればよいので、これを計算すると約2170kWとなり、答えは(3)と求まります。

(電卓を使って途中の四捨五入をせず計算すれば、2189に近い値になります)

「電験3種過去問解説 平成28年電力問9」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です